エゴを刺激するドラッグ:コカイン

前回に引き続き、ドラッグの話です。

※注意

これは、私の経験から学び、私個人の見解ですので、あくまで参考程度に読んでください。

ドラッグには、ハード・ドラッグと言われるものと、そうでないものがあります。

ドラッグと言っても色々あると思いますが、私が知っているものについて体験からお話します。私が知っている中で、ハードじゃないドラッグ、(ソフト・ドラッグ?)は、マリファナだけです。それ以外は、基本的にハード・ドラッグです。

前に他の記事でマリファナについてお話しましたが、ここからは一気にすべてハード・ドラッグになります。そして、どれもマリファナの用な吸うと眠くなっちゃったり、体がだらんとする、ダウナーではなく、興奮して無限に動けるドラッグです。
http://natsu-yoko-nylife.com/weed/

コカイン

出回ってる率が私からすると高いかなと思います。

効果は、不安感が消え、自信満々になれ、なんでも出来るような気分になります。体への効果は、心拍数が上がってるかなっていう感覚と頭の回転数が上がった感覚になります。

私が試した時は、いわゆる有名な見た目、粉末で、それをクレジットカードなどを使って、綺麗にライン状にします。英語では、do lines って言ったりします。そして、お札か紙か何かを丸めて筒状にし、鼻に近づけ、鼻から吸います。

人のエゴを刺激するコカイン

私は個人的にあまり好きなドラッグではありません。自信がつくイコール、自分のエゴが丸出しになる感じです。私の印象では、元々エゴが強く、威張るのが好きな人が好きなドラッグっていうイメージです。私もコカインをやった時、海で泳いでて息を止めていつまでも泳げるきがしました。そして、周りの人に「私すごいでしょ?」っていう感情が強くなったのを覚えています。なので、私は個人的にあまり好きなドラッグではありません。

メリット

自信を感じる事ができ、自信満々に人と喋れる気がしてきて、気が大きくなります。

デメリット

気が大きくなっているので、一緒にいる友達にいやな事を言ってしまったり、エゴイスティックな言動が増えてしまうかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です